ホームページでたらめウェブ業者注意6項目

ホームページリニューアル時にどれだけの事業者様をレスキューしてきたことかというくらいこの「でたらめウェブ業者」が多いことを知っていただきたいのです。

ウェブの世界は特殊で「分かりにくい」「面倒だから」とウェブ担当者にお任せしきりにしていたり、知らないところで驚く情報が紛れ込んでいたりと本当に ITに関する救助する同業の私たちとしては、本当に困った業者がいるので少なくとも皆さんには気をつけていただきたいことをご紹介していきます。

1.ウェブサイト制作やウェブ契約関係

ウェブサイト管理費等のコスト環境調査

SEO無料診断申し込み

色々ありますが、中でも気になった2つをご紹介します。
まずは口頭契約のみというところ。両者が問題がなければいいですが、場合によって問題が絶対ないとも言い切れません。2つ目は制作依頼書のみのところ。こ ちらもウェブ業者と依頼者との立ち位置がどうなっているのかも曖昧では後々大変なのは依頼者です。契約関係はどのようになっているのか事前に確認すること が大事です。

2.ウェブサイト管理費等のコスト

ウェブ業者、ホームページ制作会社によってどのようなサポートが付いているのか、どのようなポリシーがあるのか不明なので分かりませんが、制限が多いにもかかわらず結構な金額を支払ってきているお客様方が多い傾向にあります。
インターネット、ウェブ業界の進化と共にコストパフォーマンスを考えたウェブ運営も大事だということも知っておきましょう。

3.ドメイン・サーバー代金

でたらめウェブ業者注意6項目

ドメイン取得は今や手軽になりました。以下のようなサービスがあるのでサクサク快適に取得や管理ができるようになっていますが、反面ウェブ業者に安 心してお任せしていたら、これもまた年間数万円の料金が発生していたと後で知ったというケースもあります。またサーバーも同様に、お店用のホームページが 必要だからと制作に必要なコストのサーバー使用料が数十万円!大型ポータルサイトでもそこまでは不要なはず。
手数料とはいっても多額。気をつけましょう。

 

4.サイトのコーディング

コードをゼロからしてもCMSを使用しても確認作業はとても重要なこと。しかし表面では見えないからといっても私たちweb専門業者としてはチェック対象。表面だけでは見えない裏側までチェックをすることもしばし。
そこでかつて見つけたものは、タイトルやメタ箇所に依頼者の業種と全く関係のないSEO情報が埋め込まれていたこと。これは手抜き工事としか言えません。ウェブ構築と別にSEO料金を支払っていたという依頼者さんにとっては大打撃の1つでした。
どうせ分からないから大丈夫だろうという事は一切ありません。

5.被リンク

SEOのために被リンクを増やしたウェブ業者。依頼者としては効果があるのであればとやはり今回も安心して業者にお任せしていたであろう情報。しか し被リンクはリンクでもこちらも卑猥なサイトと繋がっていたり業種を選ばない処理がされているのは善意的SEOとは言えません。例えば車関係のサイトであ れば、それに近い業種等とのリンクがあれば問題ないですが、車と美容整形など関連性の非常に低い同士が被リンクとしてあったとしても効力が一切ないとも言 い切れませんが、SEOを依頼したお客様側ウェブ担当者さんがそれら詳細を知らなかったことがあり非常にショックを隠し切れない状態だったことは忘れられ ません。

6.対応

上記やその他問題が発生した際に、言い逃れや開き直り等してくるウェブ業者では良いサービス提供ができるとは言いがたいですし、そのような状態にな るならば早急に快く支援してくれるウェブ業者を見つけることをおすすめします。実際そうやって相談にいらっしゃっているお客様は少なくありません。
もちろん人間完璧ではないかもしれませんが、ご依頼者様に対しての善意あるサービスや対応ができてこそウェブサイト構築やその他信頼構築もできていくのだと考えます。

結果

全て(大小問わず)のホームページ制作会社や担当者が共通して悪いということではなく、依頼前の見極めや契約時の確認は大事ということです。もし何かしら当てはまることがあれば、お気軽にご相談ください。

ホームページ制作クミディア問い合わせ
スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here