ドメイン取得方法とサーバーDNS設定

ホームページ制作をする上で第一歩となるドメイン取得方法とホームページ構築に必要なサーバーDNS設定を行うための基礎を築いていきましょう。

 

ムームードメイン )でドメイン取得前に必要なもの

ドメイン取得方法とサーバーDNS設定

  • Eメールアドレス(まずドメイン取得前に、gmailなどのフリーメールを用意します。)
SEO無料診断申し込み

①ドメインアカウント登録に必要。
②取得後の更新のご案内メール受信で払い忘れ防止。

年間更新のお知らせや新たにドメイン取得をする際のキャンペーン情報メールをドメイン会社から受信できるようにするためです。

【ドメイン検索、ドメイン取得とアカウント登録です。】

トップページからドメイン検索をします。
一度登録すると、変更はできないため、スペルの間違いもないか合わせて確認することをおすすめします。

検索ボタンを押すと、取得できるドメインのみ、緑のボタンで表示されます。

その後、進むと「ムームーID」がある人はアカウントへログイン。
新規ならアカウント作成を行います。

では早速(ムームードメイン )で実際にドメインを取得します。色々な種類がありますが、.jpを取得できるかチェックします。
kumidia.jpというドメインがあるか確認します。

.net .jpなどがありますが、
ものにより値段も異なります。 緑で●があるボタンがあるものに限り取得ができます。

次に色々な設定をおこなうためにログインをします。
初めての場合は、右側から必要な情報を入力してください。

今回はアカウントがあることを想定して進んでいきます。

続いて・・・

ネームサーバーは今後エックスサーバーを利用するので、「いまだまだ使用しない」にします。

  • 続いて何年取得するか
  • 支払い方法はどうするか?

<必要に応じて確認をしましょう。>
※今回のドメインはキャンペーンのため1000円以下でした。
今後幾つかのサイトを運営をしていくことを考えている場合は、キャンペーン情報も狙っておくとよいでしょう。

利用規約を確認し、次へ進みます。

支払い情報を確認し取得します。

次は登録したEメール確認をしていきます。

確認ができたら、次は早速ドメインとサーバーを繋ぐ処理を行っていきます。

—-
【WHOIS公開情報】
「WHOIS情報」というのは・・・ドメインの持ち主の情報です。

自分の個人情報(名前や住所)を公開したくない場合は、「弊社の情報を代理公開する」を選択します。

【ネームサーバー(DNS)】
ネームサーバー(DNS)は・・・ドメインとサーバーを紐づけする際に必要となり、サイトを公開する際は、ネームサーバー(DNS)の設定が必須となります。

参考情報:ネームサーバー変更
ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

エックスサーバーのDNS設定を行っていきますが、現時点で設定でも構いません。こちらはまた追ってご紹介します。

【ムームーメール契約】
こちらは、契約しなくて良いです。
レンタルサーバーの方に、メール機能は付いていますので、こちらでお金を払って契約する必要はないでしょう。

【お支払い】
「ドメインの契約年数」 : 1年から、10年まで選択できます。
「お支払い方法」 : クレジット決済や、コンビニ決済ができます。

【連携サービスの申し込み】
もし、気になるサービスがある時は申し込むとよいでしょう。

最後に、アカウント作成時に登録したEメールアドレスへ
今回のドメイン取得支払い情報が送信されますので、ご確認ください。

もし受信できていない時は、迷惑メールフォルダなどに入っていないか確認をしましょう。

スポンサード by ジャパンメディアデザイン

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here