ホームページ制作後3ヶ月あまりで成果@ひたちなか市個人事業者様

先日ホームページ公開した個人事業主であるお客様、ホームページ制作後もご自身で編集や新規作成を問題なくこなしていらっしゃいます。
構築後も、全体的なヒアリングからサイト分析について等ご提案もさせていただき今後の期待も高まりますが、成果の出る方法とは一体どのようなものでしょうか?
 
そんな中、来年継続的に企業様との契約が決まった!
とても嬉しいお声を聞きました。

ホームページ制作後の成果が出る方法(一例)

継続は力なり。というように、動きのある情報はとても効果的です。
何の情報も上がってこないホームページには、ファンもお客様も訪問しても滞在率は低く、魅力的なサイトとは言えません。

 
ウェブデザイン ホームページマーケティング&ブランディング
 
・ターゲットの求める情報があるのか。
・どんな検索結果で、どのような効果を生むことができるか。
・前月と比較してどのように変化していて、どんな対策ができるのか。
・誰が見ても見やすいレイアウトになっているか。

死んだホームページのままでは、集客見込みはまずない

ホームページは完成したから安心できるというものではありません。
お客様、見込み客、企業関係者全てのユーザーが御社に依頼するかどうするかチェックをしています。
そういう時のためにも、魅力的なウェブの履歴書が基本条件としてあり、動きのあるホームページは効果的なのです。

(注意:パンフレット化しただけの問い合わせもないホームページ状態では改善要。)

ブランド力を強化=窓口を広げる

ホームページをベースとして、SNS活用、オフラインでの出会い、あらゆるシーンから人と人とのコミュニケーションは重要であり
可能性を広げるチャンスでもあります。

やらなきゃいけない。という「やらなきゃ脳」のままでは、成長できるものも成長できずに悪循環になってしまいます。
そこで重要なのは、やるから楽しい、ユーザーの反応がたまらない!次は何をしよう!という「成功脳」へ切り替えること。
 
起業準備~OK.事業見直し強化サポートも実施中
 
スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here