同じではない?HTMLとWordPressの違い

見た目は同じに見えて異なるシステム。HTMLとWordPressの違いについてご紹介いたします。

 

同じではない?HTMLとWordPressの違い

SEO無料診断申し込み

ホームページ作成は無料を含めCMSというシステムが注目はじめてから利便性が非常に高まってきました。
しかしHTMLとWordPressの違いを理解しておくと構築側も依頼側もサイト構築後も更新時間や手間、費用など大きく変化してくるでしょう。

見た目がオシャレなデザインだけで判断しない

無料も含めネット上にはワードプレスをはじめテンプレート(テーマ)などが配布されたり購入することができます。
とはいってもHTMLやワードプレスなどの特徴を知らずして構築すると、後々システムや記事更新をする際に大変な目に遭う場合があります。
インストールをすれば、何でも無料ブログのように更新できると思っては(思い込んでは)いけません。

そうならないために、まずワードプレスやHTMLの特徴(基本)をおさえていきましょう。

 

ワードプレスの利点

  • 様々なオプションを追加することが可能(例:SNS共有アイコン、ニュースレター登録画面設置など 多数)
  • 独自サーバーにアップロードしたらインターネットがあればどこからでもログインをして更新が可能
  • 複数のユーザーで共有して更新できる(権限レベル設定)
  • 記事更新時に利用するダッシュボード(管理画面)も使いやすい
  • 視覚的に記事更新できるビジュアルエディタとよりHTML記述を適切に設定できるテキストエディタとが用意されている
  • (それぞれ適宜用途に応じて利用することで作業効率向上が見込めます。)
  • ページの編集をすると、PCもモバイルも自動で情報更新となるので、別々で編集する必要がない

 

WordPressの欠点

  • プラグインを加え方によりサイト読み込みも遅くなる
  • 選ぶテーマにより初心者でのサイト構築面は難しいものもある

 

HTMLの利点

  • HTMLだけでしたら、ワードプレスより軽い
  • ただ現代のテクノロジーや利便性を考えますと、圧縮技術などがあるため、そこまで大きな差はありません。

(合わせて良いサーバー環境も必要でしょう。)

Googleのサイトページスピードチェック
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

以下のサイトを上記URLにて比較してみてください。
「速度」と「ユーザーエクスペリエンス」とで比較ができます。

 

モバイルでのページ速度について

PCも含め、ページスピードデータはあくまで一般的な(ガイドライン)参考となります。というのはモバイル(スマホなど)はユーザーのインターネット環境により 読み込み速度も異なるという点があるためです。

また構築するサイトにより取り入れるもの(画像などグラフィックを含む)を圧縮しても、全て同じということではありません。

 

HTMLの欠点

  • 記事やシステム更新にはFTPでデータをアップロードをしての作業が必要
  • 常時FTPを利用する点でセキュリティ上おすすめではない
  • WordPressのような拡張機能は充実していない

 

FTPハッキング問題

数年前から世界中で問題となっているのが、FTPからのサイトハッキング。

また日本国内でも数年前ですと大手電車交通機関や政治家サイトなどが上記理由から被害に遭っています。
そのため、万一ハッキング被害に遭っても、HTMLよりもワードプレスなどのCMSの方が復旧処理や事前対策をしやすいなど、サイト運営側にとっても利便性は高いのが特徴です。(これは弊社では費用面でも軽減できます。)

 

サイトづくりのポイント

スピードだけではなく、「スピードとユーザーが見やすい環境」を整えることが大事だと考えます。

HTMLやワードプレス、それぞれの適性を理解し使い分けをしていくことで、効果的なWEB集客を可能にしていきます。
HTMLとWordPressの違いについて、いかがでしたでしょうか?今回の利点と欠点についての情報は一例ではありますが、これから構築するサイトがどちらに向いているのか、まずそこから明白にしていきましょう。

スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here