記事キーワードのペナルティー注意方法

ずる賢く記事更新。キーワードばかり狙う業者やユーザーが多発してる為Google等検索エンジン対策も厳しくなっていることを以前書きましたが今回は記事キーワードのペナルティーについて気をつけていきたい情報のご紹介。

 

キーワードに集中しすぎてはいけない理由

記事キーワードのペナルティー注意方法
まず何のために記事を書いていますか?(SEOのために決まっているでしょ!)ということは最もかもしれませんが、スパムが多発している以上、同様 な手口でキーワードばかりあさっているとあなたのWEBサイトもキーワードのペナルティー対象になりサイト評価も低下する一方。仕舞いには検索どころの問 題ではなくなる状態になりかねません。そのような状態でインターネットマーケティングと称してもSEO観点からは認めてくれるはずはありません

  • 記事のボリューム
  • キーワード数や割合
  • どれだけ価値のある情報か
  • <h1><h2>タグ等、有効的に使用しているか
SEO無料診断申し込み

これらをバランスよく整えていくことは重要です。また今まで見てきたサイトでの悪い例もご紹介しましょう。

こんなサイトはキーワードのペナルティー対象になる

キーワードを大量に白文字で表示している。
(たまにまだそのような手口でサイトに掲載しているところも見受けられます。プロと名乗るWEBサイト業者でもやっていますからね・・・。)

太文字ばかりで記事を書いている
(スパムサイトと認識される可能性があるので、多すぎ、htmlエラーで太文字にしか変換できなくなってしまった等注意が必要)

良いお手本を見つけるのも方法

上位表示の他社サイトはどのような対策をしていますか?TOP10以内のサイトで自分が見ても勉強になる情報サイトは自分なりに研究してみるのもいいでしょう。記事キーワードのペナルティーにならない理由が隠れているかもしれません。本気で善意あるインターネットマーケティングをしていくのであれば、上記で記載した点も踏まえて自社なりの秘策として、賢く記事作りをしていくことをおすすめします。

 

ホームページ制作クミディア問い合わせ
スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here