キーワード使いすぎペナルティ対策方法

どうすればいい?

気合を入れるあまりにペナルティを受けるユーザーも少なくありません。どうにかGoogleペナルティを受けずに済むコツはないものか。一緒にチェックしていきましょう。

キーワード使いすぎペナルティ対策方法

SEO無料診断申し込み

同業者のあなたも何かここから学べるはず。

やりすぎ行為は上位表示は見込めない

インターネット集客をしていく上で、ただ記事を書けばいいというものではない。ブログやHPで金儲けや商売をできる時代になってきたからこそ同時に注意事項を最低限抑えておくのも長期的に自社事業をウェブ上で維持、向上させるポイントにもなる。
ではペナルティ対象となる行為をすると自社サイトにどのような影響があるのか。

そう、検索上位表示は見込めない。または検索上から対象外の存在になる可能性は高まる。
それではウェブから集客、周知を考えている事業にとって無意味な行為となるわけで、こういったユーザーに知ってもらえない行為を事前に防ぐことを知っているか知らないかでは大きな差ができるのだ。

キーワードに力を入れすぎると危険な理由

実は今回話をしているキーワードに関しての違反行為は素人だけの世界にはとどまらない。正直、数多くの同業者で名の知れた会社でも違反行為をしているにも関わらずあらゆる手を使ってしぶとく生きている所を知ってはいるが弊社はあくまで長期的にウェブマーケティングができる、そしてお客様に長期的に愛される 仕組みづくりをモットーとしているため、Googleガイドラインまたはインターネット上で周知するために必要な適切な方法での指導を重視している。
Googleは違反行為ユーザーが増加していることをもちろん認知しているため、そういったユーザー対策を不定期に行い取り締まり行為をし良質なサイトを評価する。
よって時に、今貴社サイトのある記事が上位にあっても特に何もしていない状態であれば、こういったGoogleアップデートなどがあった際、検索位置は変動することもあり、スパム(迷惑)サイトは削除されることもある。

ペナルティ対策の一例

上記に書いたやりすぎ行為とは何なのか。これらについて説明すると以下になる。

  • タグばかりを並べていないか
  • キーワードばかり並べていないか
  • どのような被リンクを受けているか
  • 広告だらけになっていないか など


アクセス数や金儲けばかりが先走って良質な情報を提供できていない状態、そういった時はぜひ情報の見直し、書き方の見直しも検討するとよいだろう。
過去関連記事:記事作成ペナルティ予防方法(その1)

ホームページ制作クミディア問い合わせ
スポンサード by ジャパンメディアデザイン

4 コメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here