ソーシャルアイコンとコメントをウェブサイトで大いに活用

SNSビジネスというと、アメリカを始め海外では横繋がりのネットワークを広げる為の手段として個人だけでなく企業まで力を注ぎ、企業採用に某SNSアカウントは必須など新世代のウェブマーケティング活用方法として、今も定着していますが、実際日本でSNSビジネスを取り入れるのも簡単と思いがちですが実は違うのです。その疑問や活用法について一例をご紹介します。

SNSビジネス活用する4つの利点

まず日本の場合、何が海外と違うかというと、文化的なものなのかただSNS(ソーシャルネットワーク)のアカウントがあるからといって人が、企業がすぐに信頼してくる、心を打ち明けてくるという確率は諸外国に比べ低いです。

これは文化的なもので、警戒心が強いお国柄の特徴ともいえますし、逆に言えば公式ホームページがあることでそれらの壁を突破口として、信頼関係を築きやすいとも言われます。

SEO無料診断申し込み

SNSビジネス活用する4つの利点

SNS活用例

ただ日々の日記として記録しているだけじゃないの?という方へ

  • ネット上の名刺代わりに
  • 情報共有で閃きUP
  • プロ同士の意見交換の場
  • 企業担当者とのコラボレーションやパートナーシップ展開

口コミでWEBマーケティングができる場

ホームページでもブログでも、結局書いているだけでは信憑性は低くよくいう「お客様の感想」的情報、つまり第三者からの意見、感想は非常にインパクトを与え、御社のファン構築に一役立ちます。

例えば、
A:「●●の手打ち蕎麦屋さんが美味しいんだよ!」
B:「本当?」
A:「あの●●の香りもコシも、あの店でしか出せないし、待つ価値は絶対あるよ。」

SNSビジネス活用する4つの利点

そういわれると、気になるのが口コミ効果。SNSの中でこのようなやり取りがあると、同時にBさんの友達Cさんも観覧できる環境で、そこから自然に枝分かれしてよい効果が生まれやすくなります。

SNSビジネス活用で気をつけたいこと

一方悪い評価を受けると、同様の効果がある点もSNSの特徴。
FacebookもTwitterも使い方次第であらゆる可能性を広げることができます。

 

ホームページ制作クミディア問い合わせ
スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here