ファン応答ソーシャルメディアに疲れたら?

そろそろ企業でも政府関連でもソーシャルメディアに疲れてきましたか?ファンも増やしたいけど意外な反響に問合せ窓口はパンパン?

 

ソーシャルメディアと企業・政府機関

ファン応答ソーシャルメディアに疲れたら?

SEO無料診断申し込み

2012年第3四半期から2013年同期までの1年間で以下リサーチを行ったそう。
FacebookやTwitterのアクティブユーザー数増加と応答率や応答時間についてファンやフォロワーからの問合せなどの調査結果はこのようになったのだそう。

政府機関

応答率は17%で回答までに掛かる時間は14.5時間。

エンターテインメント業界

応答率は11%で回答までに掛かる時間は10時間。

銀行・金融機関

応答率は28%で回答までに掛かる時間は10時間。

ビジネスサービス

応答率は17%で回答までに掛かる時間は9.5時間。

ソーシャルメディア応答、何が原因で遅い?

デジタル化し利便性がよくなったとはいえ、カスタマーレスポンスマネージメント強化が必要な企業が多いという状態。大手、中小企業関係なくソーシャ ルメディア用のカスタマーサポート役や非常に重要な鍵を握っているともいえるでしょう。ユーザー数と時間と業務とソーシャルメディアに疲れたという思いを している担当者も少ないはず。

ソーシャルメディア写真掲載注意点

楽しければいい、注目を浴びたい!といってもプライベートと事業のアカウントは分けていきましょう。子供でも大人でも人権はあります。また何かあっ た時対処できる自信はありますか?年々ハッカー達も腕を上げていたり、マナーの悪いユーザーも増加傾向にあります。

そんな時インターネット上に流れている 以上100%安全とは言い切れないことも知っておく必要があります。

ソーシャルメディアに疲れたら?

大手であれば、マーケティング用やカスタマーサポート用の担当部署が設けられますが、個人、中小企業だととても大変という場合はタイムマネージメントやソーシャルメディア内にファンやお客様に対してのサポートや問合せについての工夫をするのもおもてなしの一環ですね。

反応があるのにもかかわらず、放置している状態では逆効果となるので今後どう活かしていくのかも分析化して話し合うのも1つです。ウェブコミュニケーションも大切にしていきましょう。

ウェブコミュニケーション力アップに

ソーシャルメディアのみで対応している事業もありますが、そんな時こそ時間を短縮してくれる公式サイト。FAQなども充実させておくと応対力アップや時間短縮力を高めることもできるので、柔軟に応対していく力は大事です。

情報参照元:emarketer

スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here