売れるウェブ集客の基礎を築いていくヒント

近年では物凄い勢いでSNS(ソーシャルメディア)活用者はいつでもどこでも誰とでも繋がるだけでなくよりパーソナルな存在となっていますが、 実際あなたはどこまで考えてウェブ集客としてソーシャルメディアを連動させながらホームページを活用、使用しているかという時、考えて利用しているでしょ うか?

それより事業として伝わる情報配信はできているのでしょうか?そんな質問を投げられても困ってしまうあなたへ気になる見直しチェック5項目をご紹介 します。

商売するなら売上を考えた基礎から躓かないためのポイントをしっかりおさえたいところです。

1.お客様に伝わるネット集客とは?

SEO無料診断申し込み

売れるウェブ集客の基礎を築いていくヒント

あなたの会社や事業のホームページへ訪れたときユーザーや見込み客はあなたとビジネスを交わしたい、事業に込められたストーリーや情報共有できると感じら れるものでしょうか?

そうであれば良いスタートと言えるでしょう。しかしながら全ての人がその条件をクリアしているとはいえないのも、ただホームページ制 作ができる会社と契約したり、自作のみで作ってみた。という形で満足して気がついていないケースが多いので、注意したいところです。

現時点で上記ポイントを付いたものがなければ、これから探したり見直してみても遅くはありません。また私たちの提供する情報から何かヒントでも見つけ出してみてはいかがでしょうか?

 

2.事業に欠かせないストーリーとは?

事業の背景にはあらゆるストーリーがあります。例えば過去の失敗からの積み重ねでできたマネージメントメゾットであったり、人の役立つことを研究してきたことを糧に資格はなくともスキルで勝負できる事業を設立したり、内容は様々ですがそれらの情報内に家族や親友について語る人もいますが、
実際彼らは事業商品やサービスに欠かせないものですか?

いくら熱く語ってもポイントから離れている情報であれば、心に響くことは一切ありませんし、事業への結びつきは低いものともいえるでしょう。

 

3.事業での特別な売りは何?

事業での特別な売りは何?

他社と異なるサービスは提供、あなたの事業だからできる特別な商品やサービスが求められています。もちろん年中無休電話サービスでも充分です。もしくは他にはない最先端技術の商品があるということでもよいのです。グローバル対応ならインターナショナルコールもOK!それでも強みになりますね。

 

4.商品やサービス背後にあるストーリー

先ほど項目1では、事業ストーリーについて書きました。次は商品や提供サービスについてのストーリーです。和菓子屋で例えるならば、使用する饅頭の餡のも ととなる小豆の産地、パッケージデザイン、色へのこだわりなど写真も交えてストーリー展開を楽しませるという方法もありでしょう。

一目で伝わるストーリー 展開が重要であり、それらがなければユーザーも見込み客にすらならない可能性は高いため、根本的なところからや、ホームページリニューアル制作などをして事業戦略の立て直しをするとよいでしょう。効果のない放置しているホームページやブログは逆効果です。

5.人のために、お客様のために

何のために、誰のためにそこで働いているのですか?従業員たちを写真撮影をして、ホームページへ掲載するのもよいのです。

従業員たちのモチベーションを上げられる要素を含んだ動画を見せたり伝わる情報を提供することも商品同様に大切なストーリーの一部となります。あなたらしさ、会社らしさを出していくことで信頼関係を築きやすい環境へ一歩近づくことができます。それは既にあなたを知っている人に、というだけでなくこれから出会うお客様にも親切な情報源の1部ともいえます。

会社らしさを出していくことで信頼関係を築きやすい環境へ

いかがでしたでしょうか?ネット集客、ウェブマーケティングというインターネットの世界だけに限らない情報ともいえる今回の「売れるウェブ集客の基礎を築いていくヒント」。伝わりましたでしょうか?少しでもお役立ていただけたら幸いです。

 

スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here