重要ホームページリニューアル更新費用の見直し

ホームページリニューアルするお客様のほとんどが、あまりにも膨大な無駄な費用をホームページ制作業者に支払っていた状況に驚いています。
更新もしていないのに、更新費用を取られていたりサーバー代金数十万円って、何事なの?!というような事がよくありますので、失敗しないためのリニューアル対策をご紹介します。

ホームページリニューアルで費用と事業の見直し

前回もお話したリニューアルホームページ記事、いかがでしたか?
お客様は、各業界のプロフェッショナルであってもウェブマーケティング(ホームページやインターネット上でのPR)となると、尻込みしてしまう担当者さんも少なくありません。

 
ホームページリニューアルで費用と事業の見直し
 
ホームページのリニューアルを機会に事業見直し、商品、サービス展開改善も期待できるため、通常の営業の際でもホームページ片手に効率的な営業ができて非常に効果的でもあるのです。
だからいつでもどこでも見やすいシステムあるスマートフォン(タブレット)自動切換えホームページが強いのです。
 
例えばこんな経験はありませんか?
・営業先で御社ホームページを観覧するとき、PC対応だけだと文字は小さくありませんか?画面を伸ばして手間を掛けていませんか?
・TOPページから画像が見られない状態になっていませんか?
 
こんな話もあります。
かの有名なヴァージンアトランティック航空のCEOが自社サイトを観覧した際、TOPページの画像が見えない(Flash)ことに気づき、即ウェブ担当に作り直しを命じたとも言われる程。
24時間営業となる会社の顔となるホームページ内で破損部分、欠陥があれば競合他社はその上を狙うのは間違いありません。
その点、上記CEOの決断は迅速であったため、成功の秘訣ともいえますね。
 
それでも御社のホームページを放置しておきますか?
 
オリジナルデザイン、スマートフォン対応、サーバー込み、年間サポート込み、Eメールでのご相談込み

お客様に合わせた料金プラン

全てのお客様が戦略的に熱く集客を狙う方ばかりではないのも事実。お名刺代わりに更新するだけでいい。というお客様もいらっしゃいます。
(といってもコンテンツは見事に整頓され、ターゲット層も確立している為、集客率も高い)
※さりげないウェブ集客も一種の手です。

 
基本サポートプラントは別に、SEO強化プランをご用意しております。基本SEO対策以上の競合他社対策を含めた調査や分析ができる点で、
進化していくIT業界の流れを更に追及できる力を備えることも期待できます。
 
ライバルは御社の上になるために手段を選びませんし、待ってはくれません。
四方八方から来る競合他社対策まで。お見積もり無料。
スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here