ウェブマーケティングはなぜ必要?

ウェブマーケティングの必要性とは?ウェブならまず簡単に知ってもらうことができ、コストを抑えることができる上に交流も手軽に広げるメリットがありますね。時代とともに変化し、ホームページを作っただけでは商品が売れるという時代ではなくなってきた理由がなぜだかわかるばすです。

 

ウェブマーケティングとは?

ウェブマーケティングはなぜ必要?

例えば以下のようなことも集客する上でも考えていくことの1つでしょう。

  • とにかく期間内に、集客をする必要がある場合は、無料か有料か?
  • 人との交流を深めたい、伝えたい時はどの方法を取るのか?
  • 費用対効果を考えて紙媒体と、ウェブとどちらを選ぶか?

ウェブマーケティングとは顧客獲得や売上向上等といったマーケティングの目的達成のためにWEBツールを使いあらゆる宣伝、プロモーション、販促といった活動を行うことですが、最近ではソーシャルネットワークといったSNSを利用した活動が非常に成長傾向にあり、SNSの当たり前化が進んでいるように感じます。

なぜウェブマーケティング?

時代が変化するとともに、営業方法も変化していることを以前お話しましたが、インターネット利用者が増加していること、暇さえあればネットーサーフィンをする人も増加傾向にあること例えば以下のような時にも利用していないでしょうか?

  • 仕事の合間
  • 通勤電車やバスの移動中
  • ちょっとした休憩時
  • 買い物はインターネットで
  • 仕事、友人との連絡手段

 

大手企業サイトでもモバイル化

よく利用しているYahooやgoogleをはじめ、楽天、全日空、クリニックなど数多くの業種サイトで数年前からモバイル化インターフェイスなどスマホやタブレットユーザーに配慮したホームページ展開を進めていることは自然に気づいているかもしれません。それもお客様の使いやすさのためにというWEBからのホスピタリティー力向上のための戦略の1つだと考えます。
というように、あなたの生活の多くの場面でインターネットがつながっているのですが、ただうまく集客へ繋がっていないということはありませんか?

ウェブマーケティングお客様成長例

ウェブマーケティングお客様例

例えばホームページリニューアル制作したお客様でも実際多くある結果として以下のようなものがあります。1年前と今と比較し大幅に集客力が成長していることが分析データを見て分かるのですがまずはリニューアル前のデータ例からのご紹介です。

 

ホームページリニューアル前分析データ↓

ホームページリニューアル前の分析データ例

※上記はホームページを改善する前のデータ例です。見ての通り、サイトへの訪問者数は少ない上に、またサイトへ訪問してくる確率も低い、興味が低いことが分かるかと思いますが、その上直帰率が89.02%と非常に高い(=直帰率が高いほど興味がないことを示す)こと等多くの問題、辛い結果としてありましたが、以下を見て驚かないはずがありません。

ホームページリニューアル後分析データ↓ 【1年後】

ホームページリニューアル後の分析データ例

これはホームページを新しくしただけではなくそれに加えたウェブマーケティングを行うことで大きく差が出て来ているという数値の表れともいえるでしょう。

ホームページ改善前の数値と比較してみると、以前の4ヶ月分の数字は今では1ヶ月あまりで結果を出すほどに成長。更にリピーター率も約50%、直帰率は39.30%と低く、興味関心力も向上とまた来たくなるサイトへのWEBのおもてなしも強化されてきています。サービス業でも医療関係でも飲食店でもこれらはウェブマーケティングの活用方法次第で様々な結果を出すことができます。

添付データを見ての通り、数字は嘘を付きません。

【お客様事例】

お客様に知ってもらうための活動

ホームページやブログなどを作っただけで満足していてはいけない理由、何度も話していますが、やはり理由があります。同業者も増え、インターネット上で活動する人も増え、情報も増え、そこからあなたの会社や事業情報、そして商品を知ってもらうにはコツが必要な時代。

お名刺代わりにあるホームページだけでは、やはり人目にはつきにくく、努力やWEB集客のコツを知っているユーザーと比較すると劣ってしまうことが多々ありますが、ウェブマーケティングの活用次第でホームページを生き返らせることは不可能ではありません。ではWEBマーケティングの基礎を押さえてまいりましょう。

有料無料のWEBマーケティング方法

わかりやすく分類すると以下の様なものがあります。

有料WEBマーケティング

  • リスティング
  • アフィリエイト
  • バナー広告など

無料WEBマーケティング

  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest
  • ブログなど

こういった多くの方法はあなたのターゲットや業種、目的により使い方を考えて行うことは大切です。有料広告を出稿したからといって必ずしも誰もが顧客獲得や無料ブログを配信で売上アップという保証はありません。ただ始めて続けて見えてくるものはたくさんあるので、あなたにあった方法を見つけることです。

お客様の道標となるWEB上の活動力を高めていくには一歩でも半歩でも動き出すこと、今からできることを何もせずにお客さんが来ないというだけでいるのはもったいないことなのです。

(おすすめ情報)

スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here