リアル店舗ウェブ集客と消費者心理を考える

リアル店舗、つまりローカルビジネス力を高めるきっかけにウェブ検索は近年重要なツールとして注目をされている。実際にお店にクリニックに来ていただくためにどのような工夫をしているのか、また消費者心理を考えることはできているか?

実店舗ウェブ集客で押さえること

リアル店舗ウェブ集客と消費者心理を考える

実店舗は例えば以下のような業種がある。ただお店を営業しているから来客がアップするわけでもないのが商売の難しいところ。

  • レストラン、飲食店
  • 美容室、エステサロン
  • 歯科、眼科など医療関係
  • 工務店など
SEO無料診断申し込み

しかしそれぞれの業種により顧客もターゲットも異なるが、近隣、同じ地域には同業者は沢山いることを知らない事業者も多くいる。
とりあえずホームページや、ブログを作っておけば良いや。そのくらいの考えでいるとインターネット集客、つまりネットからお客様を呼び込みたいという事業者にとって辛い現実が待っているということも少なくない。以前話をした実店舗とウェブ上でのサイトのギャップなどはないか?続編として今回は地域密着型のプロモーションポイントとして3つをご紹介。とはいっても基礎段階の確認なのでコレで満足しようと思わないこと。

1.商圏の把握

ウェブに限らず、県内、市内、町内、同業者が沢山存在し、どのような事業形態なのか、どのような特色があるのか、何が人気なのかなど同じ地域で商売をしていく以上商圏を知り、自己対策を練ることは大切なこと。自分が企業でも小さな店舗でも例え周りを気にしていなくても、あなたをチェックしている事業者は多くいていつ潰しに来るかも分からない世の中。友達だから大丈夫。という保証はどこにもないことを事業者である以上、押さえておくと非常に何かと便利な「商圏把握」。 それはクリニックでも美容室でも飲食店でも言えること。

2.マップ検索

パソコンがなくてもスマートフォン、タブレット、携帯など手軽な方法でネット検索をしてくるのが当たり前の時代。何割が電話帳を開いて情報を探してくるだろうか。これから出かける場所に何があるのか、美味しい飲食店はあるのか?素敵な美容室はあるのか?腕の良い病院はあるのか?マップ検索機能を駆使し24時間確認をしてくるということも少なくはないことでも対応し切れていない所も多くあるが、貴社は大丈夫だろうか?

3.スマートフォンサイト充実化

上記でも挙げたように、スマホ等の小さなデバイスは子どもからお年寄りまで移動中、食前後、電車でも歩いても、休憩中も多くの人がSNS,検索、ショッピングあらゆる理由で利用する便利なツール。しかし旧型のホームページ、ブログレイアウトであると、画面が小さいだけに非常に文字が見づらかったり、ページの読み込みが遅かったり、画像がなかなか表示されなかったり、不便なことも多くあるもの。そういった点でお客様や見込み客に優しいサイト作りや構成はできているかも確認することはできているか。ウェブのおもてなしの1つとしてぜひ対応したいものだろう。

Googleモバイルサイト評価対象

また近々Google公式情報ではモバイルフレンドリーなサイトも評価対象になるという情報も入手し、4月下旬頃からGoogle検索等も少しずつ変化しそうな予感。IT情報は日々変化していることも忘れないこと、そしていつまでも数年前の情報を追ったままでいるとライバルに先を越されたり、せっかく興味をもったお客様を取られてしまう可能性も。

地域密着と個性化

昔ながらのお店であっても何かしら工夫をしたり、個性があるから売れるものがある。
ただ事業をしているだけでは消費者の心を掴むお店、事業とは言えるだろうか?後継者も先代の事業をただ継ぐだけでは来客数は伸びない等問題が発生することがあるように上記に挙げた地域密着ウェブプロモーションの3つのポイントの他に他社にはない個性、独自の良さ、提案力、魅力、味わい、感動力、人柄などを上手にアピールしていくとより効果的かつ効率よくウェブプロモーションが結果に出やすいのではないだろうか。 小さな事業でもウェブから大手にはない良さを伝える、伝えられる力があること、可能性は無限大にあることをお忘れなく。

(おすすめ情報)

ホームページ制作クミディア問い合わせ
スポンサード by ジャパンメディアデザイン

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here